【卓球】日本はパリオリンピック出場枠をいつ獲得できる?

2024/2/21(水

日本男子が世界卓球で団体・シングルスの出場権獲得!

日本女子が世界卓球で団体・シングルスの出場権獲得!

 

パリオリンピック代表候補選手が発表されました。(→詳細はこちら

こんにちは。らっこです。

パリオリンピックの卓球日本代表候補選手が決定し、ニュースでも盛り上がっていますね。

そんななかで「日本はパリオリンピックへの出場権をいつ獲得したの?」とふと疑問に思った方もいると思うので、流れを改めてまとめたいと思います。

興味のある方はチェックしてみてくださいね。

団体・シングルスの出場権獲得!混合ダブルスはまだ。

シングルス代表候補 張本智和・戸上隼輔・早田ひな・平野美宇:WTT公式HPより出典

パリオリンピック選考ポイントの最終戦となる全日本卓球選手権(1/22~28)の結果により、シングルス代表候補選手が決定しました。

シングルス代表候補選手

  • 男子(写真左上) 張本 智和(智和企画)
  • 男子(写真右上) 戸上 隼輔(明治大)
  • 女子(写真左下) 早田 ひな(日本生命)
  • 女子(写真右下) 平野 美宇(木下グループ)

 

【2/5追記】団体戦代表候補選手・混合ダブルス代表候補選手が発表されました。

団体戦代表候補選手

  • 男子 篠塚大登(愛知工業大学)
  • 女子 張本美和(木下アカデミー)

 

混合ダブルス代表候補選手

  • 男子 張本 智和(智和企画)
  • 女子 早田 ひな(日本生命)

 

🔽関連記事

【2024パリオリンピックの卓球日本代表】張本智和・戸上隼輔・篠塚大登・早田ひな・平野美宇・張本美和が内定!

 

しかし、肝心のパリオリンピック出場権はまだ獲得していません。

ここからは日本チーム一丸となって、出場権をとりにいく戦いがスタートします。

 

団体・シングルスは獲得済(2/21)

獲得条件:2024/2の世界卓球(団体戦)で男女それぞれ準々決勝に進出

  • 団体(男女各1チーム)の出場枠獲得
  • シングルス(男女各2名)の出場枠獲得

2/21(水)の2回戦(Round of 16)に勝てばパリオリンピック出場決定!

👑女子 17時~ 日本 3-0 クロアチア で出場枠獲得!

👑男子 20時~ 日本 3-0 オーストリア で出場枠獲得!

 

🔽関連記事

【2024世界卓球選手権(団体戦):結果速報】試合予定・リーグ表・トーナメント表・アーカイブ動画情報あり

 

混合ダブルスは最短で2024年3~4月頃に獲得

獲得条件:2024年3~4月頃開催の混合ダブルス予選大会で準決勝に進出

  • 混合ダブルス(男女各1名)の出場枠獲得

 

漏れたとしても世界ランキング枠で選出されるチャンスがありますが、世界卓球と予選大会で確実にしたいところですね。

それでは、それぞれの出場枠を獲得するまでの流れをまとめてみましたので、是非チェックして応援しましょう!

 

パリ2024オリンピック:卓球競技の出場枠について

ITTF公式HPより引用

各国から出場できる人数は、団体戦・シングルス戦・混合ダブルスあわせて男女各3名です。

 

団体戦の獲得方法と日本の状況

パリ2024での卓球団体戦の出場枠は男女各16チームです。

団体戦は1チーム3名で戦います。

枠数 獲得条件
①大陸予選枠 6 アフリカ:1
アジア:1
ヨーロッパ:1
オセアニア:1
南北アメリカ:2
②世界卓球枠 8 2024世界卓球(団体戦)で準々決勝進出の上位8チーム
すでに出場枠を獲得しているチームがある場合、世界ランキング枠が追加される
③世界ランキング枠 1 2024世界卓球(団体戦)終了後のランキングで、出場権を得ていないチームの最高位
④開催国枠 1 フランスが上記枠でまだ出場権を得ていない場合、開催国枠で出場する

 

【日本の出場権獲得状況】

①大陸予選枠

2023年のアジア卓球選手権大会がアジア大陸予選を兼ねており、男女共に優勝した中国がアジアの1枠を獲得しました。

→日本は獲得できず

 

②2024年2月開催の世界卓球(団体戦)

日本が自力で出場権を獲得できる最後のチャンス世界卓球(団体戦)です。

もし、準々決勝進出を逃しても世界ランキングで選出される可能性が高いものの、世界選手権できっちり決めたいところですね。

※2024年1月時点の日本チームのランキング:男子5位・女子2位

【結果】2024/2の世界卓球(団体戦)で出場権獲得!

 

🔽関連記事

【2024世界卓球選手権(団体戦):概要】2024/2/16(金)開幕!出場選手・試合日程・放映情報まとめ

 

シングルスの獲得方法と日本の状況

パリ2024での卓球シングルス戦の出場枠の最大数は男女各70名です。

各国からは最大で男女各2名が出場できます。

枠数 獲得条件
①団体枠 32 団体出場の16チームはシングルス出場枠を2つ獲得
②大陸枠 22 大陸予選(2024/5)またはシングルス世界ランキングによって、各大陸に割り当てられた出場枠を獲得
アフリカ:4
アジア:6
ヨーロッパ:6
南北アメリカ:5
オセアニア:1
③世界ランキング枠 最大15 2024/6/18発表の世界ランキングにより、各国の出場枠・大陸出場枠を尊重し最大15選手を選出
④ユニバーサリティ枠 1 2023/7/1~2024/6/23の期間に世界ランキングリストの掲載された選手から選出

 

【日本の出場権獲得状況】

①団体枠

2024年2月開催の世界卓球(団体戦)で団体枠をとれたら自動的にシングルス枠も獲得できます。

とにかく世界卓球で男女ともに準々決勝まで勝ち上がることが重要!!

【結果】世界卓球(団体戦)で出場権獲得!

 

万が一とれなかったら…

②大陸枠

2024/5開催の予選会にシングルス代表候補選手(選考ポイントの上位2名)が出場することになります。

 

混合ダブルスの獲得方法と日本の状況

パリ2024での卓球混合ダブルスの出場枠は16ペアです。

各国からは最大で1ペアが出場できます。

枠数 獲得条件
①大陸予選枠 6 アフリカ:1
アジア:1
ヨーロッパ:1
オセアニア:1
南北アメリカ:2
②世界予選会枠 4 2024年3~4月頃開催のパリオリンピック混合ダブルス世界予選会で準決勝進出の上位4ペア
③世界ランキング枠 5 2024/5/7発表の世界ランキングで、まだ出場権を得ていない上位5ペア
④開催国枠 1 フランスが上記予選でまだ出場権を得ていない場合、開催国枠で出場する

 

【日本の代表権獲得状況】

①大陸予選枠

2023年のアジア卓球選手権大会がアジア大陸予選を兼ねており、林高遠/王艺迪(中国)が優勝したので中国がアジアの1枠を獲得しました。

→張本智和/早田ひなペアは獲得できず

 

②世界予選会枠

2024年3月または4月に開催される世界予選会でBest4に入れば出場権を獲得できます。

各国1ペアのみ出場できるのですが、張本智和/早田ひなペアが出場予定で、出場権を獲得すればそのまま代表候補に内定!

→アジア大陸予選(アジア卓球選手権大会)に出場したペアが予選大会にも出場と、日本卓球協会発表のパリ五輪代表選考基準に記載あり

 

③世界ランキング枠

仮に世界予選会で準決勝に進出できなかった場合も世界ランキングで獲得できる見込みです。(張本智和/早田ひなペア:2024年第3週の世界ランキング2位)

 

 

まとめ:2月の世界卓球(団体戦)で団体枠・シングルス枠を確保したい!

日本が団体枠・シングルス枠を獲得するために重要となるのが2月の世界卓球(団体戦)です。

パリオリンピック代表候補選手を含む男女各5名が出場する団体戦なので、チームの団結力が試される戦いになりそうですね。

パリ五輪出場枠も大切ですが、団体戦はとても面白いのでしっかり応援しましょう!!

 

 

🔽関連記事

【2024世界卓球選手権(団体戦)の日本代表選手】選考基準・アジア予選会など代表決定までの流れをまとめました。 【卓球 2024年の大会スケジュール一覧】主要な国際大会(世界選手権・WTT)・国内大会の情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です