【卓球 WTTチャンピオンズとは?】大会の特徴や出場条件・歴代優勝者をまとめました

こんにちは。らっこです。

『WTTチャンピオンズ』は卓球の国際大会の1大会で、2022年7月に初開催されます。

チャンピオンと名が付くのでトップクラスの選手が出場することは想像できるのですが、具体的にはよく分からないですよね。

  • WTTチャンピオンズってどんな大会なの?
  • WTTシリーズのなかでのランクは?

試合をより楽しむためにも、大会情報を事前にチラ見しておくのがおすすめです。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

『WTTチャンピオンズ』ってどんな大会なの?

WTTチャンピオンズとはWTT (World Table Tennis)が開催する卓球の国際大会で、WTTシリーズの1大会です。

 

WTTにおけるチャンピオンの大会ランク

WTTが主催する大会はいくつもありますが、それぞれのランクはこちらのピラミッドの図でチェックしましょう。

『グランドスマッシュ』を頂点の最高峰大会と位置付け、その下に4大会で構成されるWTTシリーズがあります。

WTTシリーズでは、まずシーズンの最後を飾る『WTTカップファイナル』があり、その下が『WTTチャンピオンズ』です。

チャンピオンと言う名の通り、「世界ランキングトップの32人」を集めて頂点を争うというコンセプトの大会。

そのため、『WTTチャンピオンズ』へ出場するためには他大会でしっかりポイントを獲得し、世界ランキング上位に付けておく必要があるんですね。

旧シリーズのITTFワールドツアーで該当する大会はないとされていますが、イメージとしては「プラチナ大会」の上位大会であった「T2ダイアモンド」に近いのかな?と個人的には思っています。

 

▼関連記事

【卓球】2021年スタートのWTTってどんな国際大会なの?目的や新大会の特徴を解説。

 

大会概要

 

 

では次に大会の概要をみていきましょう。

 

大会名称:WTTチャンピオンズ(WTT Champions)

年間大会数:8大会(男女各4大会)

大会日数:本戦6日間

実施種目:男子シングルス・女子シングルス

試合形式

  • トーナメント形式
  • 決勝・準決勝は7ゲームマッチ(11点先取)
  • それ以外は5ゲームマッチ(11点先取)

テーブル(卓球台):全日程の試合を1テーブルで行う

賞金総額:40万〜60万ドル

 

今大会の最大の特徴は、1台のテーブル(卓球台)で行われるということです。

他大会の場合だと1テーブルになるのは決勝・準決勝ぐらいですが、WTTチャンピオンズは1回戦から全て1テーブルです。

「1試合1試合にじっくり興味をもって見てほしい」という狙いなのだと思います。

開催前なのでどのような雰囲気になるかは謎ですが、WTTの公式資料によると「スポーツ」と「文化」を組み合わせたエンターテインメント性に富んだ大会とのことです。

 

出場できる選手の人数

大会名 本戦出場者数
男子チャンピオン 30名(世界ランキングより)
1名(開催国枠)
1名(WTT推薦枠)
女子チャンピオン 30名(世界ランキングより)
1名(開催国枠)
1名(WTT推薦枠)

※いつの時点の世界ランキングを参考にするかは大会ごとに設定されています。

 

出場に関する条件や制限

WTTチャンピオンズには出場制限が設けられています。

【協会参加人数上限】

協会とは国・地域にある卓球協会のことで、日本だと日本卓球協会ですね。

一定の国や地域に選手が偏らないように、各協会から出場できる人数に上限が決まっています。

WTTチャンピオンズの場合は男女各4名までと決まっており、WR上位者から優先に出場します。

ただし、開催国枠の選手は上限人数に含みません。

※2022年7月開催の大会では、中国から5名が出場予定のため特例がある可能性があります。(明記された文章は見つけられなかったのですが…)

 

獲得できる世界ランキングポイント

WTTチャンピオンズで獲得できる世界ランキングポイントがこちら。

種目 優勝 2位 BEST4 BEST8 BEST16 BEST32
男子シングルス 1000 700 350 175 90 15
女子シングルス 1000 700 350 175 90 15

 

他大会のシングルス優勝ポイントと比較してみましょう。

  1. グランドスマッシュ 2000pt
  2. WTT カップファイナル 1500pt
  3. WTT チャンピオンズ 1000pt
  4. WTT スターコンテンダー 600pt
  5. WTTコンテンダー 400pt
  6. WTTフィーダー 150pt

 

出場枠が少ないため『WTTチャンピオンズ』へ出場するためには、『WTTスターコンテンダー』『WTTコンテンダー』などの大会でしっかり結果を残すことが重要です。

さらに、『WTTチャンピオンズ』でポイントをしっかり取れば、上位大会へ出場できる確率がかなり高くなりますね。

 

『WTTチャンピオンズ』の歴代優勝者一覧

ここでは、『WTTスターコンテンダー』の歴代の優勝・準優勝・第3位の選手を紹介します。

男子シングルス

開催時期 大会名 優勝 準優勝 第3位
2022/7/18-23 ブダペスト(ハンガリー) 張本智和 林高遠(中国) パトリック・フランチェスカ(ドイツ)
荘智淵(台湾)
2022/10/19-23 マカオ(中国)

 

女子シングルス

開催時期 大会名 優勝 準優勝 第3位
2022/7/18-23 ブダペスト(ハンガリー) 王曼昱(中国) 王艺迪(中国) 陳夢(中国)
孫穎莎(中国)
2022/10/19-23 マカオ(中国)

 

 

▼WTTチャンピオンの試合予定はこちらでチェック▼

【卓球 2022年の大会スケジュール】主要な国際大会(世界選手権・WTT)・国内大会(パリ五輪日本代表選考会)の情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。