【卓球 WTTチャンピオン(ヨーロッパサマーシリーズ2022):概要】2022/7/18(月)開幕!出場選手・試合日程・放映情報まとめ

7/15(金

WTT推薦枠の男女各1名を追加しました!

女子シングルスの出場者変更を更新しました!

こんにちは。らっこです。

2022/7/18(月)~23(土)の日程で『WTTチャンピオン(ヨーロッパサマーシリーズ2022)』がハンガリーのブダペストでスタートします。

日本からは世界ランキング上位に名を連ねる張本智和・伊藤美誠・早田ひな・石川佳純・木原美悠・宇田幸矢の6名が出場します!

全員が17(日)終了の『WTTスターコンテンダー』からの連戦となります。

 

では、早速『WTTチャンピオン(ヨーロッパサマーシリーズ2022)』の概要や注目選手をチェックしましょう。

→毎日の結果速報・アーカイブ動画情報はこちらのページで随時更新中。

→同時期開催の『WTTフィーダー』の詳細はこちら

このページはこちらの内容に興味がある方におすすめ

WTT チャンピオン 2022の見どころ

日本からは誰が出場するの?

試合日程と放映情報をチェックしたい!

WTTチャンピオン(ヨーロッパサマーシリーズ2022)ってどんな大会?

大会概要

正式名称:WTTチャンピオン(ヨーロッパサマーシリーズ2022)

公式HPWTT Champions (European Summer Series 2022)

主催:WTT(ワールドテーブルテニス)

開催地:ハンガリー・ブダペスト BOKホール

開催期間:2022年7月18日(月)~23日(土)

時差:日本の方が7時間進んでいる。

種目:男子シングルス・女子シングルス

賞金総額:500,000米ドル(約6,780万)

 

各種ポイントについて

・世界ランキングポイント

種目 優勝 2位 BEST4 BEST8 BEST16 BEST32
男子シングルス 1000 700 350 175 90 15
女子シングルス 1000 700 350 175 90 15

 

パリオリンピック代表選考ポイント(日本卓球協会が設定)付与なし

 

「WTTチャンピオン」について

WTT(World Table Tennis)が主催する国際大会「WTTシリーズ」の1つで、今回が初開催です。

「WTTチャンピオン」は、その名の通り「世界最強の32人」を集めて頂点を決めるプレミアイベントで、男女シングルスのみを行います。

もともと男子と女子は別々の大会で開催される予定だったのですが、ヨーロッパサマーシリーズ2022では男女合同開催です。

大会名 本戦出場者数
男子チャンピオン 30名(世界ランキングより)
1名(開催国枠)
1名(WTT推薦枠)
女子チャンピオン 30名(世界ランキングより)
1名(開催国枠)
1名(WTT推薦枠)

※1つの国に対する出場枠は男女各4名まで。(6/24追記)

 

世界ランキングのシングルス優勝ポイントで比較すると、上から3番目に位置づけられている大会ということが分かります。

  1. WTT グランドスマッシュ 2000pt
  2. WTT カップファイナル 1500pt
  3. WTT チャンピオン 1000pt
  4. WTT スターコンテンダー 600pt
  5. WTTコンテンダー 400pt

出場枠が少ないため、この大会へ出場したいと思うのであれば、国際大会へ出場して世界ランキングポイントを積み上げておく必要があります。

 

出場予定選手

それでは、6/24に発表された出場予定選手を紹介しましょう。

世界ランキングに基づいた30名が選出され、のちに発表される開催国枠(1名)とWTT推薦枠(1名)と合わせて全32名になる予定です。

開催国枠→7/9情報更新

WTT推薦枠→7/15情報更新

※表のWRは世界ランキングを意味し、2022年第25週(6/21発表)の順位を記載しています。

男子シングルス

馬龍(引用元:WTT公式HP)

  1. 馬龍(マ・ロン/MA Long・中国)WR2
  2. 梁靖崑(リャン・ジンクン/LIANG Jingkun ・中国)WR3
  3. ウーゴ・カルデラノ(Hugo CALDERANO・ブラジル)WR4
  4. トルルス・モーレゴード(Truls MOREGARD・スウェーデン)WR5
  5. 林昀儒(リン・インジュ/LIN Yun-Ju・台湾)WR6
  6. 張本智和(IMG)WR7
  7. ダルコ・ヨルジッチ(Darko JORGIC・スロベニア)WR8
  8. ドミトリ・オフチャロフ(Dimitrij OVTCHAROV・ドイツ)WR9
  9. 邱党(キュウ・ダン/Dang QIU・ドイツ )WR10
  10. クアドリ・アルナ(Quadri ARUNA ・ナイジェリア)WR11
  11. ティモ・ボル(Timo BOLL ・ドイツ)WR12
  12. パトリック・フランチェスカ(Patrick FRANZISKA ・ドイツ)WR13
  13. 王楚欽(ワン・チューチン/WANG Chuqin ・中国)WR14
  14. アントン・カールバーグ(シェルベリ/Anton KALLBERG・スウェーデン):WR15
  15. クリスチャン・カールソン(Kristian KARLSSON・スウェーデン)WR16
  16. 荘智淵(CHUANG Chih-Yuan・台湾)WR17
  17. リアム・ピッチフォード(Liam PITCHFORD・イングランド)WR18
  18. 林鐘勳(イム・ジョンフン/LIM Jonghoon・韓国)WR19
  19. 林高遠(リン・コウエン/LIN Gaoyuan・中国)WR20
  20. オマール・アサール(Omar ASSAR・エジプト)WR21
  21. 李尚洙(イ・サンス/LEE Sangsu・韓国)WR22
  22. アンドレイ・ガチーナ(Andrej GACINA)WR23
  23. 黄鎮廷(ウォンチュンティン/WONG Chun Ting・香港)WR24
  24. シモン・ゴジ(Simon GAUZY・フランス)WR25
  25. 宇田幸矢(明治大学)WR26
  26. キリル・ゲラシメンコ(Kirill GERASSIMENKO・カザフスタン)WR27
  27. カナク・ジャー(Kanak JHA・アメリカ)WR31
  28. マルコス・フレイタス(Marcos FREITAS・ポルトガル)WR32
  29. サシヤン・グナナセカラン(Sathiyan GNANASEKARAN/インド)WR35
  30. ロベルト・ガルドシュ(Robert GARDOS・オーストリア)WR36
  31. 開催国枠:ベンス・マヨロス(Bence MAJOROS・ハンガリー)WR133
  32. WTT推薦枠:アレックス・ルブラン(Alexis LEBRUN・フランス)WR47

 

女子シングルス

陳夢(引用元:WTT公式HP)

  1. 陳夢(チェン・ムン/CHEN Meng・中国)WR1
  2. 孫穎莎(ソン・エイサ/SUN Yingsha ・中国)WR2
  3. 王曼昱(ワン・マンユ/WANG Manyu・中国)WR3
  4. 王艺迪(ワン・イーディ/WANG Yidi・中国)WR4
  5. 伊藤美誠(スターツ)WR5
  6. 早田ひな(日本生命)WR6
  7. ハン・イン(Ying HAN・ドイツ)WR7
  8. 杜凱琹(ドー・ホイカン/DOO Hoi Kem・香港)WR8
  9. アドリアーナ・ディアス(Adriana DIAZ ・プエルトリコ)WR9
  10. 石川佳純(全農)WR10
  11. 田志希(チョン・ジヒ/JEON Jihee・韓国)WR11
  12. ニナ・ミッテルハム(Nina MITTELHAM ・ドイツ)WR12
  13. ヤン・シャオシン(Xiaoxin YANG・モナコ)WR13
  14. ソフィア・ポルカノバ(Sofia POLCANOVA ・オーストリア)WR14
  15. 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)WR15
  16. ブルーナ・タカハシ(Bruna TAKAHASHI ・ブラジル)WR17
  17. シャン・シャオナ(Xiaona SHAN ・ドイツ)WR18
  18. ハナ・マテロワ(Hana MATELOVA・チェコ)WR20
  19. スターシニー・サウェッタブート(Suthasini SAWETTABUT・タイ)WR22
  20. ジア ナン・ユアン(Jia Nan YUAN・フランス)WR24
  21. ペトリッサ・ゾルヤ(Petrissa SOLJA・ドイツ)WR25
  22. フ・ユ(Fu YU・ポルトガル)WR26
  23. 鄭怡静(チェン・イーチン/CHENG I-Ching・台湾)WR28
  24. ベルナデッテ・スッチ(Bernadette SZOCS ・ルーマニア)WR29
  25. 陳思羽(チェン・ズーユ/CHEN Szu-Yu ・台湾)WR30
  26. エリザベタ・サマラ(Elizabeta SAMARA・ルーマニア)WR32
  27. 徐孝元(ソ・ヒョウォン/SUH Hyowon・韓国)WR34
  28. ハナ・ゴーダ(Hana GODA・エジプト)WR35
  29. マルガリタ・ペソツカ(Margaryta PESOTSKA・ウクライナ)WR37
  30. 開催国枠:ゲオルギナ・ポータ(Georgina POTA・ハンガリー)WR57
  31. WTT推薦枠:リリー・チャン(Lily ZHANG・アメリカ)WR38
  32. 陳幸同(チェン シントン/CHEN Xingtong ・中国)

 

出場者変更情報 7/15

・フォン・ティエンウェイ(シンガポール)が出場辞退となり、陳幸同(中国)が出場者リストに入りました。

 

WTTチャンピオン2022の見どころは?

男女それぞれ32名のみ出られる大会なので、ここで世界ランキングポイントを稼ぐことで、「カップファイナル(年1回開催)」の出場権獲得に繋がります。

そんな重要な大会なのですが…出場選手がまだ決まっていません!(6/23現在)

世界ランキングから30名選出ということは決まっているので、30位以内の選手が有力候補になると思うので予想してみましょう。

6/21発表の世界ランキングで30位以内の日本選手がこちら。

  • 男子シングルス7位 張本智和
  • 男子シングルス26位 宇田幸矢
  • 女子シングルス5位 伊藤美誠
  • 女子シングルス6位 早田ひな
  • 女子シングルス10位 石川佳純
  • 女子シングルス15位 木原美悠
  • 女子シングルス27位 平野美宇

いつの時点の世界ランキングをもとにするか分からないので、20位後半の選手はまだ安心できません。

あと、「世界ランキングから30名」をどう選出するのかよく分かっていないので、1つの国から〇名までなどの制限がつく可能性も0じゃないですよね。

続報を待ちましょう!

 

↓↓↓6/24(金)追記↓↓↓

世界ランキングから選出される30名の選手が発表されました。

公式発表によると各国から出場できるのが男女各4名と決まっていたようで、日本選手5番手の平野美宇選手は外れてしまいました。残念ですね。

女子は上位4名が全て中国選手となったので、順調に勝ち上がったとして準々決勝でぶつかる可能性が高いのではないでしょうか。

日本の選手がうまく散らばってくれたらなぁ。

準決勝に中国選手4人ということも普通にありえるので、なんとかそこに食い込んでほしい!!

 

男子は世界ランキング1位の樊振東が出場キャンセルしましたが、オリンピックチャンピオンの馬龍も出場しますし、中国の強さは変わらないような気がします。

張本選手と宇田選手には思い切ったプレーでぶつかって欲しいです。

男子はアジア以外にも強い選手が多いので、大番狂わせもあるかもしれないですね!

 

試合スケジュール

海外での試合で気になるのが時差ですが、日本はブタペスト(ハンガリー)より7時間進んでいます。

→毎日の結果速報・アーカイブ動画情報はこちらのページで随時更新。

日程 男子シングルス 女子シングルス
7/18(月) 1回戦 1回戦
7/19(火) 1回戦 1回戦
7/20(水) 2回戦 2回戦
7/21(木) 準々決勝 準々決勝
7/22(金) 準決勝 準決勝
7/23(土) 決勝 決勝

 

テレビ・ネットでの放映情報

『WTTチャンピオン(ヨーロッパサマーシリーズ2022)』はネットで観戦できます。

Live配信

テレビ東京(YouTube配信):全日ライブ配信

J-スポーツ:決勝・準決勝など一部日程をライブ配信

 

 

 

【卓球 WTTチャンピオンズとは?】大会の特徴や出場条件・歴代優勝者をまとめました 【卓球用語】卓球観戦が楽しくなる!初心者が知っておきたい基本単語を解説します 【卓球 2022年の大会スケジュール】主要な国際大会(世界選手権・WTT)・国内大会(パリ五輪日本代表選考会)の情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。